とり ときどき ヒコーキ

spica306.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 10日

旭川の野鳥たち 其の弐

さらに旭川の鳥たち第2弾。1回でまとめるつもりだったけど、思いのほか枚数が増えちゃったので・・・(^^;

北海道には会いたいキツツキ類がたくさん棲んでいますが、まぁそう簡単に会える相手ばかりじゃないのは百も承知。
そんな中で、ひときわ身近なキツツキ類、アカゲラさん。北海道は特にアカゲラが目に付きやすい・・・気がします。個体数多いのかな~?
c0187989_14282385.jpg

コゲラも普通に見られますね。チラリと♂の赤い後頭部が見えています。
シマエナガのようにあまり区分することはないけど、亜種エゾコゲラ。(先のアカゲラも亜種エゾアカゲラ)
c0187989_14313034.jpg

いずれも本州の亜種より白っぽいのでキレイに見えます。

本州とは別亜種が多い北海道の野鳥ですが、この子はエゾアオゲラならぬヤマゲラさん。アオゲラとはよく似ているけど別種扱い。
c0187989_14472613.jpg

頭の赤いところが控えめなのでぼんやりとメスかな~、なんて考えてしまいましたが、ヤマゲラの女の子には赤いところがないんですね(^^;
c0187989_14492115.jpg

そんなこんなで雌雄ゲット♪
ヤマゲラさんは今まで何度かニアミスしてたにもかかわらず(声は聞いたことがある)、なかなか会えなかったキツツキなので嬉しかったですよ~。アオゲラとは違う白いお腹も、縞のハッキリした初列風切羽も、とてもキレイでした。

c0187989_1502281.jpg

最後に、キツツキじゃないけどミヤマカケスさん。もっとも種としてはカケスの一亜種ですからカケス(亜種ミヤマカケス)と表記すべきかもしれませんが。
なぜエゾアカゲラやシロハラゴジュウカラの亜種表記はメンドいクセに、シマエナガやミヤマカケスはスラッと亜種名で呼んでしまうのでしょうか・・・(^^;
ここのカケスさん、何だか不思議な「鳴き真似」でずーーっとぐぜっていましたが、何のマネをしているのかついぞ分かりませんでした。ちょっとインコがぐにぐに鳴く声に似ていましたが、動物園が近いので、何か変わった声を覚えてしまったのかもしれませんね(^^;

旭山で会った野鳥たち
トビ、オオタカ、ヤマゲラ、アカゲラ(亜種エゾアカゲラ)、コゲラ(亜種エゾコゲラ)、
ヒヨドリ、ツグミ、エナガ(亜種シマエナガ)、コガラ、ヤマガラ、
シジュウカラ、ゴジュウカラ(亜種シロハラゴジュウカラ)、シメ、カケス(亜種ミヤマカケス)、ハシブトガラス。




鳥じゃないけど、こちらの公園にはエゾリスが何頭か見られました♪
北海道の人はエゾリスを「かわいくない方のリス」「売ってない方のリス」などと呼んでエゾシマリスと区別(差別?)しますが、エゾシマリスと違って冬眠しない彼ら、ふさふさした冬毛に包まれてとても可愛かったですよ(^^)

キタリス(亜種エゾリス)
c0187989_15275493.jpg

c0187989_15295632.jpg

c0187989_15302420.jpg

[PR]

by spica_eagle | 2010-03-10 15:40 | 野鳥


<< 九州二日目 ~鳥見編~      旭川の野鳥たち 其の壱 >>