とり ときどき ヒコーキ

spica306.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 03日

5月3日 佐渡航路 ~復路編~

佐渡航路、復路編です(^^;)
いつものように、行った便で折り返すとんぼ返り観察。
GWの佐渡はいつになく観光客が多く、港のタライ船も賑わっていました。
c0187989_13365639.jpg


フェリーの周りには、観光客が投げるせんべいやかっぱえびせんを狙ってウミネコがまとわりついています。
c0187989_1338121.jpg


10:30、佐渡出港。
滞在時間約1時間。いつものことだけど、ちょっとサミシイ・・・。

出港してまもなく、島を目指して飛んでいく100羽前後のヒヨドリの群れとすれ違いました。
c0187989_13444089.jpg

島が近くに見えるせいか、心なしヒヨドリたちも浮き足だって見えますw
1羽遅れてる子がいましたが、無事島で追いつけるといいなぁ。

復路の海上は非常~に静かでした。
時々ウミネコが船に近寄ってきたり、遠くにアビ類やウトウらしきウミスズメ類が浮かんでいる程度。
c0187989_1350739.jpg


出港から1時間ちょっと経った頃、漂流中のトロ箱に乗っている鳥を見つけました。
アジサシ類のようですが・・・?
c0187989_13513652.jpg

とりあえず写真を数枚撮って、該当しそうなものに頭を巡らせますがなかなか思い当たりません。
まぁアジサシ類なんて種類も多くないし、と見切りをつけ、後でゆっくり調べることにしました。

今度はアジサシの団体さん。
c0187989_13565564.jpg

往路で遙か彼方にアジサシらしき鳥が3羽飛んでいくのを見ましたが、もしかしたら彼らかも。
今更確認するすべはありませんが(^^;

船が本州沿岸に近付くにつれ、オオミズナギドリが増えてきます。
c0187989_1403114.jpg

海上がさらに穏やかになったこともあり多くの個体が波間に降りて休んでいましたが、大型フェリーが近付くとめんどくさそうに飛び立ちました。
海面に彼らの蹴った「足跡」が残ります。
c0187989_1415194.jpg


13:00、程なく直江津港入港。
鯨類も出ず、あまりパッとしないまま復路の観察も終了です。
GWに佐渡から出る人も少ないのか、船内もお客さん少なめで静かでした(^^;)


☆ 航路観察で出会った鳥たち ☆
オオハム?、カンムリカイツブリ、アカエリカイツブリ、ハジロカイツブリ、オオミズナギドリ、
アカアシミズナギドリ?、ウミウ、ヒメウ、アマサギ、ヒドリガモ、
アカエリヒレアシシギ、ウミネコ、アジサシ、ウミスズメ?、ウトウ、
ヒヨドリ

カマイルカ




さて、宿題のアジサシ類ですが・・・
c0187989_1412553.jpg


c0187989_14132052.jpg

帰って図鑑調べればすぐ分かるだろうと思ってたんですが、イマイチ該当するものが分からないw
自身の識別能力に全く自信の持てない私は、だんだん「でっかく見えたけどただのコアジサシ(冬羽残り?)だったのか?」とか「部分白化のアジサシとか??」と不毛に悩み始めてしまったので、航路観察の先輩に写真を送って聞いてみることに。

先輩の見解は「こりゃコシジロアジサシでないかい?」
改めて図鑑を見ると確かに似ている・・・。
図鑑の解説に迷鳥、あるいは稀な旅鳥とあったので、よく見もしないでスルーしていたみたい(^^;
航路観察に先入観は禁物ですね~。

ちなみにコシジロアジサシ、県内での確かな記録はなく、新潟県初記録になる可能性アリとのことでした。もちろん私も初見です。
こんなこともあるから航路観察は面白いですね♪
[PR]

by spica_eagle | 2010-05-03 18:25 | 野鳥


<< ギフチョウ      5月3日 佐渡航路 ~往路編~ >>