とり ときどき ヒコーキ

spica306.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:動物園/水族館( 3 )


2010年 08月 23日

大哺乳類展 ~海のなかまたち~

c0187989_012212.jpg

国立科学博物館、行ってきました~。
今は夏の特別展、海の哺乳類展が開催中。
海棲哺乳類好きなのはもちろんですが、鳥の某先輩が佐渡航路で撮った鯨類の写真も展示されているとのことで、是非とも見に行きたかったシリーズです。
夏休みは激混みであろうことを考慮して、平日に足を運んでみました。

平日だからと甘く見ておりましたが・・・館内は夏休みの親子連れでいっぱい。
入場制限まではかかっておりませんでしたが、一通り展示パネルを見ようと思ったら館内もずーっと並びっぱなしです(x_x)
思いの外、時間がかかります・・・。
思いがけず、館内はストロボを使わなければ概ね撮影可だそうです。
c0187989_01656100.jpg


展示物はやはりホネがメイン。
姉妹展というか、海の哺乳類の前に開催されていた陸の哺乳類展の使い回しと思われる、陸生哺乳類の骨格標本も。現生哺乳類の中では、カバなどの偶蹄類は比較的鯨類と近縁なんだそうです。意外。
陸の哺乳類展も見たかったなぁ。
c0187989_0225930.jpg

(後ろに見えるのはカバの頸椎じゃなくて、他の標本の尾椎です)

館内に所狭しと並べられた鯨類の骨格標本。まるで恐竜の化石標本のようなその大きさに圧倒されます。今回の展示の目玉となる全長25mのシロナガスクジラの骨格標本をはじめ、イッカク、シロイルカ、ニタリクジラ、シャチなど数々の全身骨格が並んでいます。
c0187989_0305044.jpg


個人的にはクジラの胃内容物や、外部寄生虫であるクジラジラミやフジツボも興味津々でした~(^^)
c0187989_052751.jpg

最後には新種の可能性のある(現在調査中!)謎の鯨類の標本まで!
この世の中で、まだこんなにも大きな生き物の新種が見つかる可能性に、海の広さ、多様さを感じました。

先輩の写真も小さいながら存在感ある展示で使われているのをバッチリ確認。
その他鰭脚類や海牛類の展示も充実していて、なかなかボリュームがあって面白かったです(^^)
満喫しすぎて昼食を食べることもできず、常設展も時間がなくてほとんど見ることができなかったのが心残り。ミュージアムショップも全然見られなかった・・・。特別展のない空いている時期に、常設展はゆっくり見に来たいものです。

大哺乳類展 ~海のなかまたち~ は9月26日まで開催中。ご興味のある方はぜひ一度お立ち寄り下さい(^^)
[PR]

by spica_eagle | 2010-08-23 16:10 | 動物園/水族館
2009年 02月 19日

釧路市動物園 ~ホッキョクグマ~

年末に行った釧路市動物園。
こちらにはクルミとツヨシという2頭のホッキョクグマがいます。
c0187989_0554169.jpg

私は動物園のホッキョクグマが結構スキなんです。
釧路に限らず、ホッキョクグマたちは「遊ぶ」ことがなかなか上手です。また仕草がいちいち人間くさかったりするところが、見る者を笑わせたり和ませてくれるんですよね。
c0187989_0594213.jpg

ここの2頭も、浮きを使って豪快に遊んでいました。
丸浮きはシロクマパワーにより完全に分解されちゃってますが・・・。

11:45、シロクマさんのパクパクタイム。
飼育員さんが餌を投げ与えるのかと思っていたら・・・なんと生きた魚をプールに放流!
氷点下の気温でしたが、そこはさすがホッキョクグマ、なんのためらいもなくプールに飛び込み、造作もなく魚を捕まえて上がってきました。
c0187989_15099.jpg

デカイ図体に似合わず、実に巧みに魚を捕る様に驚きと感動。
旭山動物園みたいに、水中の様子を見ることができたらもっと面白かったでしょうね。


最後に1個、驚きの新事実が!
c0187989_163884.jpg

札幌の丸山動物園からクルミのお婿さん候補としてやってきたツヨシくん、実は女の子だったそうです(笑)
これからはダブルでお婿さん募集ですね~(^^;
[PR]

by spica_eagle | 2009-02-19 22:52 | 動物園/水族館
2009年 02月 17日

北海道の旅から ~釧路市動物園~

年末年始の北海道の旅。旅の導入部は、釧路の実家へ帰省する友人との二人旅でした。
今年は27日からといつもよりちょっぴり早い年末休み。せっかくなので釧路を案内してもらいました。

まずは釧路市動物園。
c0187989_23503248.jpg

友人も子供の頃に数回来ただけだと言います。

釧路市動物園といえば、今話題のアムールトラの兄妹がいます。
このトラの兄妹は、四肢に障害を持って産まれてきました。初産の母親が育児放棄をしたため、飼育員が人工保育で育てています。
c0187989_011281.jpg

(金網越しで見づらくてすみません。)
左がオスのタイガ、右がメスのココア。

一般公開はしていないという話だったので全然期待していなかったんですが、この日は年内最後の営業日ということで、午前中のわずかな時間だけ公開されていました。
確かに後肢がまっすぐに伸びず不自由そうではありましたが、思いのほか2頭とも元気そうでなんだか嬉しかったです。

c0187989_045924.jpg

比較的障害の軽いココア。檻の中を元気に走り回る姿もみられました。
こうしていると障害があることすら分からないくらいです。

これからどんどん成長して体重が増えていく中、無事に成長していけるのか、世話をしていけるのか、スタッフの皆さんにもきっと不安もあると思います。でも、こうして逞しく生きている2頭を見ていると、頑張って欲しいなぁって心底思うのです。
スタッフの皆さん、タイガとココアをよろしくお願いします。また会いに行きたいな。
[PR]

by spica_eagle | 2009-02-17 00:13 | 動物園/水族館