とり ときどき ヒコーキ

spica306.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 09日

ギフチョウ

先日はヒメギフチョウ見に行ってきたので、今回は地元のギフチョウを。
やっぱり地元は大事にしないといけません(^^;)

今年は雪が多く雪消えが遅かったので、GW中はちょっと早いかな、という印象でしたが、ようやく雪も消えカタクリも花盛りでした。
c0187989_20472316.jpg


到着早々、ギフチョウが飛ぶ姿もチラホラ。なかなか止まってくれないので飛翔写真にチャレンジ!
・・・したけど止まったのはコレ1枚(^^;)
c0187989_20544971.jpg


しばらく行くと、地面でもがいているギフチョウ発見。
c0187989_20563761.jpg

近付いてみると、2頭がもみ合っています。どうやら♂が♀に交尾を迫っている模様。
かなり近付いてみましたが、2頭ともそれどころではないようです。
c0187989_21204735.jpg

かなり激しく取っ組み合い、地面を転げ回っています。
あ~あ、せっかくのきれいな翅がボロボロになっちゃう・・・。
実際、♂の方は後翅が半分ほどにちぎれたボロ個体。♀はまだ結構きれいな個体だったけど、ちらりと見えた腹にはすでに交尾栓があったような・・・?
この♂の明日はどっちだ!?

枯れ草の上でひなたぼっこするギフチョウ。一見派手なだんだら模様も、春の枯野の中では見事な保護色。
この日は気温が上がってチョウたちが活発に飛び回り、なかなかシャッターチャンスがなかったんですが、ようやく近くに止まってくれました。
c0187989_21321781.jpg


何となくギフチョウ撮影は毎年行っているけれど、それはなかなか満足行く写真が撮れてないからだったりします。今年はようやくカタクリで吸密するいいシーンが撮れました。
c0187989_21343433.jpg

例年ギフチョウの発生最盛期にはカタクリは終わりかけという感じで、なかなかきれいな状態の花で吸密するシーンって撮れなかったんですが、今年は雪解けが遅かったせいかギフチョウとカタクリの最盛期がうまくリンクしました。
ふと、これが本来の姿で、近年雪が減って花期と発生時期がずれてきているのでは・・・?と不安がよぎりましたが、確証はないです(^^;)



生命を終えたギフチョウの後翅が、枯野に1枚風に揺れていました。
天寿を全うしたのでしょうか。鳥に襲われたのでしょうか。
この個体は無事来年に生命をつなぐことができたでしょうか。
c0187989_21392860.jpg

彼らの営みが、未来永劫続くことを祈って。
[PR]

by spica_eagle | 2010-05-09 20:39 | むし
2010年 05月 03日

5月3日 佐渡航路 ~復路編~

佐渡航路、復路編です(^^;)
いつものように、行った便で折り返すとんぼ返り観察。
GWの佐渡はいつになく観光客が多く、港のタライ船も賑わっていました。
c0187989_13365639.jpg


フェリーの周りには、観光客が投げるせんべいやかっぱえびせんを狙ってウミネコがまとわりついています。
c0187989_1338121.jpg


10:30、佐渡出港。
滞在時間約1時間。いつものことだけど、ちょっとサミシイ・・・。

出港してまもなく、島を目指して飛んでいく100羽前後のヒヨドリの群れとすれ違いました。
c0187989_13444089.jpg

島が近くに見えるせいか、心なしヒヨドリたちも浮き足だって見えますw
1羽遅れてる子がいましたが、無事島で追いつけるといいなぁ。

復路の海上は非常~に静かでした。
時々ウミネコが船に近寄ってきたり、遠くにアビ類やウトウらしきウミスズメ類が浮かんでいる程度。
c0187989_1350739.jpg


出港から1時間ちょっと経った頃、漂流中のトロ箱に乗っている鳥を見つけました。
アジサシ類のようですが・・・?
c0187989_13513652.jpg

とりあえず写真を数枚撮って、該当しそうなものに頭を巡らせますがなかなか思い当たりません。
まぁアジサシ類なんて種類も多くないし、と見切りをつけ、後でゆっくり調べることにしました。

今度はアジサシの団体さん。
c0187989_13565564.jpg

往路で遙か彼方にアジサシらしき鳥が3羽飛んでいくのを見ましたが、もしかしたら彼らかも。
今更確認するすべはありませんが(^^;

船が本州沿岸に近付くにつれ、オオミズナギドリが増えてきます。
c0187989_1403114.jpg

海上がさらに穏やかになったこともあり多くの個体が波間に降りて休んでいましたが、大型フェリーが近付くとめんどくさそうに飛び立ちました。
海面に彼らの蹴った「足跡」が残ります。
c0187989_1415194.jpg


13:00、程なく直江津港入港。
鯨類も出ず、あまりパッとしないまま復路の観察も終了です。
GWに佐渡から出る人も少ないのか、船内もお客さん少なめで静かでした(^^;)


☆ 航路観察で出会った鳥たち ☆
オオハム?、カンムリカイツブリ、アカエリカイツブリ、ハジロカイツブリ、オオミズナギドリ、
アカアシミズナギドリ?、ウミウ、ヒメウ、アマサギ、ヒドリガモ、
アカエリヒレアシシギ、ウミネコ、アジサシ、ウミスズメ?、ウトウ、
ヒヨドリ

カマイルカ

で、結局アジサシどうなったの?
[PR]

by spica_eagle | 2010-05-03 18:25 | 野鳥
2010年 05月 03日

5月3日 佐渡航路 ~往路編~

え~、はじめに・・・
今回は大して鳥も出なかった割に長くなりそうなので前・後編です(^^;)

特に予定もない今回のGW、海況も良さそうだったので今年2回目の佐渡航路に乗ってきました。
書き入れ時のGW、航路も増便されて第1便は朝7時出航です。
港内にはカンムリカイツブリとアカエリカイツブリがいました。他にハジロカイツブリの姿も。
c0187989_12413754.jpg

今回は外洋に出る前から多数のオオミズナギドリが飛んでいるのが見え、期待が高まります♪
c0187989_12422055.jpg


出港して30分程度で、波間にカマイルカ2頭が出現。
c0187989_12455042.jpg

これは♪と期待しましたが、鯨類についてはその後再び10頭前後の群れが遠くに出ただけでした。

長くなるので続きはこちら~
[PR]

by spica_eagle | 2010-05-03 16:32 | 野鳥
2010年 05月 02日

スプリング・エフェメラル

春の女神、ヒメギフチョウを見に行ったときに撮れた、スプリングエフェメラルこと春を告げる花々。
スプリングエフェメラルとは「春の儚い命」といった意味合いで、広葉樹林の林床で、広葉樹の葉が茂るまでの短い間に芽を出し花を付け結実し枯れてしまう、春植物の総称です。特に雪国では、雪解けの後一気に林床を花で埋め尽くす様は、雪国の春の喜びや輝きを演出する欠かせない存在です。

スプリングエフェメラルの代表格、カタクリ。
カタクリも日当たりの良いところだけ群落になっていて、大半はまだつぼみ~芽が出たばかりという状態。
新潟の平地ではとっくに終わったというのに、やはり積雪が多かったことが影響しているんでしょう。
c0187989_1151757.jpg


ハルリンドウ
c0187989_1111021.jpg

株が数センチ程度の小さな草花ですが、花はしっかりリンドウの形をしています。
枯れ草にまぎれてひっそりと咲く花は奥ゆかしいですね。

アズマイチゲ
c0187989_1162335.jpg

キクザキイチゲに似ていますが、葉の形が違います。キクザキイチゲは青や白のタイプがありますが、アズマイチゲは白いのしか見ませんでした。

フクジュソウ
c0187989_1185317.jpg

こんなの庭先に植えてあるのしか見たことなかったけど、ここには大群落がありました。ビックリ。
c0187989_1195569.jpg


バイカモ
c0187989_028597.jpg

林内の小さな川の流れの中にバイカモが生えてました。梅に似た花を付けるので、梅花藻。
花を付ける以上、「藻」ではなくて「水草」ですね(^^;

お馴染み、ミズバショウ
c0187989_0362721.jpg


そしてミズバショウと近縁のザゼンソウ
c0187989_0374863.jpg

ザゼンソウなんて見たことなかったので、ミズバショウの色違い?くらいの認識しかなかったんですが・・・(^^;
実物を見てみると全然別物です。ザゼンソウの仏炎包は肉厚で、花序をしっかり包んでいます。自ら発熱し、雪が残るうちから開花するそうですから、この仏炎包で熱が逃げないように守っているのかもしれません。
c0187989_046145.jpg

このザゼンソウ群落、国道沿いの「座禅草祭り」ののぼりに誘われて見に行ったんですが・・・
祭りとは名ばかりで、ただ自生地にのぼりが立っているだけというシロモノでした。GWだというのに売店はおろか自販機もなく、当然主催者側の人間もいない・・・。まぁ何でもかんでもイベントに仕立てて変に飾るよりマシかもしれませんが、いろいろな「祭り」があるもんだと感心して帰ってきました(^^;
[PR]

by spica_eagle | 2010-05-02 23:43 | むし
2010年 05月 02日

ヒメギフチョウ

写真仲間の先輩に、ヒメギフチョウ撮りに連れてってもらいました。
新潟はほぼギフチョウ域なので、ヒメギフチョウはめったに見られません。今回はお隣の長野県まで足を伸ばすことにしました。

この産地はギフチョウとヒメギフチョウの混生地らしいのですが、個体数はヒメギフチョウの方が多いんだそう。いずれも自治体指定の天然記念物として、大切に保護されているそうです。
今年は雪が多かったせいか、訪れたときにはまだ日陰に雪が残り、カタクリもショウジョウバカマもほとんど咲いていない状態。ちょっと早かったかな~、と思いましたが、気温が上がってきたらわずかではありますがヒメギフチョウが舞う姿も見られました。

まずはひなたぼっこ。
c0187989_21505560.jpg

ギフチョウに比べて小振りで、ちょっと黄色味が強く感じました。
後翅の斑も橙色ではなく黄色っぽいです。

タチツボスミレ?で吸蜜。
なにしろまだ花が少なくて、なかなか止まってくれません。
c0187989_2155157.jpg

保護地域なので採集する人間はいませんが、チョウが1頭飛ぶだけで数人がぞろぞろとあとをついていく様はちょっと異様な光景・・・。なにしろ普段虫撮ってて同業者に会うことなんてめったにないですから。
なんかちょっと違うんだよな~、とは思いつつ、有名な産地なのにまだ個体数が少なく、連休で(自分も含め)遠くからも人が集まってることを思うと仕方ないのかなぁ・・・。
しかし、中には走ってチョウを追い回してる人たちもいたけど、足下でつぼみをつけているカタクリや新芽を伸ばし始めたウスバサイシン(ヒメギフチョウの食草)に気付いていただろうか。チョウの保護って個体(成虫)を採取しないってことだけじゃないと思うんだけど。

人が増えてきたこともあり、ちょっと離れたカタクリの近くでヒメギフチョウを待ちつつシータテハなどを撮ってまったり。しばらくするとヒメギフチョウは近くの一番綺麗なカタクリの花に止まって吸蜜を始めました。ぞろぞろあとをついてきた人たちが群がりましたが、カタクリの前に座っていた私は特等席で撮影できました。
c0187989_14331.jpg

チャンスは多くなかったけど、とりあえず初ヒメギフチョウを撮りたかった構図で撮れて満足したところでこの産地をあとにしました。

c0187989_17642.jpg

キブシで吸蜜するシータテハ。越冬個体でしょう。個体数はそこそこ見られました。
好みがあるらしく、シータテハはキブシで吸蜜する個体がほとんどでスミレやカタクリには止まりませんでしたが、ヒメギフチョウもまたキブシには来ませんでした。

この日は他に、ルリタテハ、クジャクチョウ、スジボソヤマキチョウ、コツバメなど、早春羽化するチョウと成虫越冬するチョウが何種か見られました。
キビタキやオオルリ、サンショウクイなど、渡来したばかりの夏鳥たちも、まだ葉の開かない雑木林でその姿を見せてくれました。
穏やかな陽気に春の花々。青空に映える北アルプス。
それなりに満足できる写真も撮れて、いい一日でした。
[PR]

by spica_eagle | 2010-05-02 11:43 | むし