とり ときどき ヒコーキ

spica306.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハクガン ( 3 ) タグの人気記事


2010年 11月 20日

今年も、おかえり!

今日は早起きして、ガンカモ類越冬地の池を見に行ってきました。
4日ほど前に、ハクガン渡来の第一報が入っています。
夜明け直後くらいに池に着いてカメラをセットしていると、ほどなくハクガンたちが朝の食事に出て行きました。
c0187989_9454464.jpg

真っ白な身体を朝陽に染めて、一団となって飛んでいきました。
ちょっとお尻が切れちゃったけど、今年の第一陣は成鳥ばかり17羽でした。

次々と出て行くガンたちを見送ります。
c0187989_9474835.jpg


朝の飛び立ちが一段落したので、ちょっと小鳥などを探しつつ周辺を回ってみることに。
車に驚いたキジが農道を駆けていきました。
c0187989_9513294.jpg


葦原の近くでオオジュリンなど待ちながらのんびり構えていたら、池の奥の方からハイイロチュウヒの♀タイプが飛んできました。
c0187989_954593.jpg

見ている私のことなど意に介さないようで、芦原や枯れた蓮の上をひらりひらりと舞っています。
時折身を翻して急降下すると、葦原や蓮の影からオオジュリンやタシギの群れが飛び出してきます。
残念ながら狩りは失敗のようでしたが、見えないだけでたくさんの小鳥が潜んでいるんだな~、と改めて実感。
ハイチュウさんはしばらく私の周りを飛び回って楽しませてくれました。
c0187989_9574643.jpg


まだ続く・・・
[PR]

by spica_eagle | 2010-11-20 20:21 | 野鳥
2009年 11月 22日

おかえり!ハクガン

今年もマイフィールドにハクガン様ご一行がやってきました。
今年は幼鳥8羽を含む22羽の団体さんです。毎年、ほぼ同じ時期に同じルートを経由してやってきて、こちらにはつい数日前着いたばかりだそうです。
c0187989_2218978.jpg

日本へ渡来するハクガン個体群の復活プロジェクトは順調に進んでいるようですね。

ハクガンが渡ってくると、ガンカモ池通いにも熱が入ります。別にハクガンだけがガンじゃないってのは重々承知しているんですが、だってハクガン、カワイイんだも~ん(^^)
c0187989_22275936.jpg

この日の夕方、さらに9羽の小群が群れに合流、31羽になりました。この数、過去最多です!!

数年前、一気に渡来数が20羽を越えたときは、このままアッという間に50羽、100羽と増えるんじゃないかと思ったものですが、現実はそこまで甘くなかった(^^;。しかしこうして着実に増え、たくさんの幼鳥を連れてきてくれる彼らを見ていると、彼らの未来は明るいんじゃないかと思えるのです。
今は県外からもハクガン目当てのカメラマンがうじゃうじゃ来てますが、そのうち数が増えたら誰も見向きもしなくなるのかな~。

この日は他にも珍しいお客さんが。
コクガンです。港や岩礁など海辺でみられるガン類ですが、今日は池に入ってました。久しぶりに見ましたが、小さい、小さいですね~。港で見るときは比較できる他のガン類が近くにいませんが、今日はまわりはガンだらけ。小柄なマガンと比べても、さらに小さいです。
c0187989_224044100.jpg

どのくらい小さいかって、後ろのマガモとほぼ同大。ガンなのに。(右端はマガン若)
c0187989_2242947.jpg

ヒシクイに囲まれると、もうそれはチンピラに絡まれた小学生のよう(笑)
可哀想なくらい小さいです(^^;
c0187989_22432956.jpg


さらにサカツラガン発見。こちらは数日前からずっと滞在していますが、なにしろ数千羽の中のたった1羽。対面するのは容易ではありません。今シーズン初顔合わせ。
c0187989_22464731.jpg

手元の図鑑には日本産ガン類中最大、とありますが、この個体は少し小柄なようでオオヒシクイ>サカツラガン>マガンくらいの大きさでした。オオヒシクイと並ぶと明らかに小さいです(左がサカツラガン)。
c0187989_22482177.jpg

最後にこんなシーンも(^^)
サカツラガンとコクガン、オオヒシクイのスリーショット。ちょっとお尻な画像でスンマセン(^^;
c0187989_22492674.jpg


これでこの池では今季、マガン、ヒシクイ、ハクガン、カリガネ、サカツラガン、ヒメシジュウカラガン、コクガンの7種のガン類が確認されたことになりますが、そこはなかなか上手くいかないところで、今日はカリガネとヒメシジュウカラガンは見つけられませんでした。まだ残っててくれるといいんですがね。
[PR]

by spica_eagle | 2009-11-22 22:14 | 野鳥
2009年 01月 28日

ハクガン

昨日の天気予報、明日は朝から晴れ!
・・・というので、出勤前のわずかな時間を使って、ガンカモ類の越冬地を覗いてきました。

とは言っても、ホントは夜明け前に池につくはずだったのに思いっきり寝坊して、目を覚ましたのはもう陽も昇るという時間・・・(^^;;;
今から行っても30分が良いところだなぁ、と二度寝の誘惑もありましたが、せっかくなので出掛けてきました。年明けてから一度も行っていないことが少し気になってましたし(^^;

で、到着してみたら目の前にハクガン(笑)
c0187989_13532.jpg


帰ってきているとは聞いていましたが、こんなに近くで見られるとは思いませんでした。

c0187989_144716.jpg

この冷え込みでいつも羽根を休めているあたりの湖面が凍結してしまい、道路ちかくの水面の空いているところに降りていたみたいです。
ハクガンが渡来するようになって久しいですが、氷上のハクガンを見たのは初めてかもしれません。


ハクガンもシジュウカラガンも、ここ数年の復活計画の成果で渡来数が増えている希少ガン類です。人工孵化させた幼鳥を繁殖地に放鳥するシジュウカラガンでは足輪を付けている個体が多いそうですが、ハクガンはマガン等の巣に卵を移植して増殖させる方法を取っているそうで、見る限り足輪を付けた個体はいないようです。
こんなところまで観察できたのも、このラッキーなシチュエーションのおかげです。

・・・寝坊に負けず、出てきて良かった(^^)
[PR]

by spica_eagle | 2009-01-28 07:59 | 野鳥