とり ときどき ヒコーキ

spica306.exblog.jp
ブログトップ

タグ:佐渡航路 ( 3 ) タグの人気記事


2010年 05月 03日

5月3日 佐渡航路 ~復路編~

佐渡航路、復路編です(^^;)
いつものように、行った便で折り返すとんぼ返り観察。
GWの佐渡はいつになく観光客が多く、港のタライ船も賑わっていました。
c0187989_13365639.jpg


フェリーの周りには、観光客が投げるせんべいやかっぱえびせんを狙ってウミネコがまとわりついています。
c0187989_1338121.jpg


10:30、佐渡出港。
滞在時間約1時間。いつものことだけど、ちょっとサミシイ・・・。

出港してまもなく、島を目指して飛んでいく100羽前後のヒヨドリの群れとすれ違いました。
c0187989_13444089.jpg

島が近くに見えるせいか、心なしヒヨドリたちも浮き足だって見えますw
1羽遅れてる子がいましたが、無事島で追いつけるといいなぁ。

復路の海上は非常~に静かでした。
時々ウミネコが船に近寄ってきたり、遠くにアビ類やウトウらしきウミスズメ類が浮かんでいる程度。
c0187989_1350739.jpg


出港から1時間ちょっと経った頃、漂流中のトロ箱に乗っている鳥を見つけました。
アジサシ類のようですが・・・?
c0187989_13513652.jpg

とりあえず写真を数枚撮って、該当しそうなものに頭を巡らせますがなかなか思い当たりません。
まぁアジサシ類なんて種類も多くないし、と見切りをつけ、後でゆっくり調べることにしました。

今度はアジサシの団体さん。
c0187989_13565564.jpg

往路で遙か彼方にアジサシらしき鳥が3羽飛んでいくのを見ましたが、もしかしたら彼らかも。
今更確認するすべはありませんが(^^;

船が本州沿岸に近付くにつれ、オオミズナギドリが増えてきます。
c0187989_1403114.jpg

海上がさらに穏やかになったこともあり多くの個体が波間に降りて休んでいましたが、大型フェリーが近付くとめんどくさそうに飛び立ちました。
海面に彼らの蹴った「足跡」が残ります。
c0187989_1415194.jpg


13:00、程なく直江津港入港。
鯨類も出ず、あまりパッとしないまま復路の観察も終了です。
GWに佐渡から出る人も少ないのか、船内もお客さん少なめで静かでした(^^;)


☆ 航路観察で出会った鳥たち ☆
オオハム?、カンムリカイツブリ、アカエリカイツブリ、ハジロカイツブリ、オオミズナギドリ、
アカアシミズナギドリ?、ウミウ、ヒメウ、アマサギ、ヒドリガモ、
アカエリヒレアシシギ、ウミネコ、アジサシ、ウミスズメ?、ウトウ、
ヒヨドリ

カマイルカ

で、結局アジサシどうなったの?
[PR]

by spica_eagle | 2010-05-03 18:25 | 野鳥
2010年 05月 03日

5月3日 佐渡航路 ~往路編~

え~、はじめに・・・
今回は大して鳥も出なかった割に長くなりそうなので前・後編です(^^;)

特に予定もない今回のGW、海況も良さそうだったので今年2回目の佐渡航路に乗ってきました。
書き入れ時のGW、航路も増便されて第1便は朝7時出航です。
港内にはカンムリカイツブリとアカエリカイツブリがいました。他にハジロカイツブリの姿も。
c0187989_12413754.jpg

今回は外洋に出る前から多数のオオミズナギドリが飛んでいるのが見え、期待が高まります♪
c0187989_12422055.jpg


出港して30分程度で、波間にカマイルカ2頭が出現。
c0187989_12455042.jpg

これは♪と期待しましたが、鯨類についてはその後再び10頭前後の群れが遠くに出ただけでした。

長くなるので続きはこちら~
[PR]

by spica_eagle | 2010-05-03 16:32 | 野鳥
2010年 03月 30日

3月30日 航路観察

忙しかった年度末の振休が取れましたので、久しぶりに航路観察のため佐渡行きのフェリーに乗ってきました。
前日まで強い風が吹いて波が高かったので半ば諦めていたんですが、朝の天気予報ではまずまずの風。そろそろウミスズメシーズンも終わりに近いし、航路観察ベテランの先輩も乗船するというので思いきって乗ってみることにしました。

港内にはヒドリガモやヨシガモに混じって、カンムリカイツブリやミミカイツブリが。テトラポットにはハマシギが数羽、群がっていました。

いよいよ湾を出ると、洋上は冷たい風が吹きうねりも少々残っていてあまり観察向きではない様子。熱心に双眼鏡を覗いていると間違いなく酔いそうだったので、遠くを眺めながら時々双眼鏡を覗くのが精一杯。先輩が時々「○時方向にウミスズメ!」とか「あそこにウトウ○羽!」とか教えてくれるんだけど、特に海面に浮いている鳥はほとんど見つけられずに終わりました・・・orz。
オオミズナギドリは時々飛んでいるんだけど、なかなか近くに来てくれる愛想良しの子はいませんでした。
c0187989_2333657.jpg

ほぼ等倍切り出しのウトウ。波にピン持ってかれて甘くなってしまったけど、一応ウトウらしい飾り羽根も赤いクチバシも確認できました(^^)
c0187989_236679.jpg

外洋性カモメのミツユビカモメ。顔立ちが可愛らしいです。比較的近くを飛んでくれたけど、近いとファインダーに上手く収まらず、ボケボケな写真を量産・・・(^^;
c0187989_238102.jpg


往路後半戦はめっきり鳥影が少なくなり、気を紛らわせるものも無い中うねりの強い波にやられてぐったり・・・。全然鳥は出ないけれど、早くこの揺れから開放されたくて佐渡の港が見えてきたときには正直ホッとしました(^^;
小木港の防波堤にはウがたくさん止まっていました。よく見るとウミウの他にヒメウも混じっています。何羽いるか分かるかな?
c0187989_2315564.jpg

ウミウと並ぶとヒメウはかなり華奢な印象。若い個体が多いのか褐色~暗紫色のものが多かったけれど、一部綺麗な夏羽になり始めている個体もいました。
c0187989_23223364.jpg


わずか50分ほどの佐渡滞在、佐渡汽船ターミナルで温かいおそばを頂き(海の上はまだまだ寒いのです(^^;)、折り返しの便で戻ります。
小木港の港内にクロサギが飛んでいました。クロサギを見るのは久しぶりです♪
c0187989_20294651.jpg


復路は少しうねりも低くなってきましたが、相変わらず鳥の姿は少なめ。
今日はハズレかな~、と思っていたら、波間に飛沫が上がりました。
c0187989_203495.jpg

この特徴的な飛沫、イシイルカです。
写真撮ろうと頑張ってみたけど、次にどこに出るのか分からないイルカを揺れる船上からファインダーに入れるのは至難の業w
お情け程度に背鰭がちらっと写ったのが精一杯(^^;
c0187989_20344821.jpg

復路の2時間半ほどの間に、1~3頭の群れが数回、全部で10頭前後が見られました。

本州沿岸に近づいたところでアビ類が。
オオハムかな~?、まだまだ冬羽ですね。
c0187989_20415212.jpg

その後も時々ウミスズメ類やオオミズナギドリが出るものの、なかなか近くには寄ってこず静かなもの。
特に収穫もなく直江津港に入港、港内には綺麗な夏羽のカンムリカイツブリ。
c0187989_20565431.jpg

この子をもって本日の航路観察はおしまいです。
はぁ、くたびれたっと(^^;

《本日出会った鳥たち》
アビsp.(オオハム?)、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、オオミズナギドリ、
ウミウ、ヒメウ、アオサギ、クロサギ、マガモ、
カルガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ミサゴ、トビ、
ハマシギ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミネコ、ミツユビカモメ、
ウミスズメ、ウトウ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ツグミ
イシイルカ
[PR]

by spica_eagle | 2010-03-30 19:45 | 野鳥