とり ときどき ヒコーキ

spica306.exblog.jp
ブログトップ

タグ:国立科学博物館 ( 1 ) タグの人気記事


2010年 08月 23日

大哺乳類展 ~海のなかまたち~

c0187989_012212.jpg

国立科学博物館、行ってきました~。
今は夏の特別展、海の哺乳類展が開催中。
海棲哺乳類好きなのはもちろんですが、鳥の某先輩が佐渡航路で撮った鯨類の写真も展示されているとのことで、是非とも見に行きたかったシリーズです。
夏休みは激混みであろうことを考慮して、平日に足を運んでみました。

平日だからと甘く見ておりましたが・・・館内は夏休みの親子連れでいっぱい。
入場制限まではかかっておりませんでしたが、一通り展示パネルを見ようと思ったら館内もずーっと並びっぱなしです(x_x)
思いの外、時間がかかります・・・。
思いがけず、館内はストロボを使わなければ概ね撮影可だそうです。
c0187989_01656100.jpg


展示物はやはりホネがメイン。
姉妹展というか、海の哺乳類の前に開催されていた陸の哺乳類展の使い回しと思われる、陸生哺乳類の骨格標本も。現生哺乳類の中では、カバなどの偶蹄類は比較的鯨類と近縁なんだそうです。意外。
陸の哺乳類展も見たかったなぁ。
c0187989_0225930.jpg

(後ろに見えるのはカバの頸椎じゃなくて、他の標本の尾椎です)

館内に所狭しと並べられた鯨類の骨格標本。まるで恐竜の化石標本のようなその大きさに圧倒されます。今回の展示の目玉となる全長25mのシロナガスクジラの骨格標本をはじめ、イッカク、シロイルカ、ニタリクジラ、シャチなど数々の全身骨格が並んでいます。
c0187989_0305044.jpg


個人的にはクジラの胃内容物や、外部寄生虫であるクジラジラミやフジツボも興味津々でした~(^^)
c0187989_052751.jpg

最後には新種の可能性のある(現在調査中!)謎の鯨類の標本まで!
この世の中で、まだこんなにも大きな生き物の新種が見つかる可能性に、海の広さ、多様さを感じました。

先輩の写真も小さいながら存在感ある展示で使われているのをバッチリ確認。
その他鰭脚類や海牛類の展示も充実していて、なかなかボリュームがあって面白かったです(^^)
満喫しすぎて昼食を食べることもできず、常設展も時間がなくてほとんど見ることができなかったのが心残り。ミュージアムショップも全然見られなかった・・・。特別展のない空いている時期に、常設展はゆっくり見に来たいものです。

大哺乳類展 ~海のなかまたち~ は9月26日まで開催中。ご興味のある方はぜひ一度お立ち寄り下さい(^^)
[PR]

by spica_eagle | 2010-08-23 16:10 | 動物園/水族館